スポット溶接は抵抗溶接の一種です。

重ねた板同士を水冷された電極ではさみ、圧力を加えると同時に短時間で大きな電流を流すことで、重ねた板に発生した抵抗熱によって板同士を溶融させて溶接します。

スポット溶接では溶接した1点にのみ熱が加わるので、ほかの溶接方法に比べて入熱が少なく、熱によるワークの歪が小さくなります。また、溶接された1点しか板同士が密着していないので、気密性を得ることはできません。また、厚板には加工できないため主に薄板に使用されています。

 

またスポット溶接とアーク溶接の違いについてですが、スポット溶接は圧接の一種で、母材に圧力をかけることで母材同士の溶接を行う方法です。一方アーク溶接は、溶加材を電極として用いて、溶加材や母材を溶かして溶接を行う方法です。どちらもロボットによる自動化が可能ですが、一般的にはスポット溶接の方が溶接箇所が1点になるため、熱によるワークの歪みが小さくなります。

 

なお、筐体設計・製作.comで手掛けるような、金属製の大きな筐体板金の場合、スポット溶接は主に鋼板と鋼板を溶接する際に用いられ、アーク溶接よりも歪みも少ないので筐体の外装部分に多く採用される溶接方法です。

 

>>製品事例はこちら

>>技術ハンドブックはこちら

>>お問合せはこちら