筐体設計・製造.COM | 大型筐体板金加工専門の総合技術専門サイト

アルミやステンレス等のサンプル溶接から部品点数400超の筐体の設計・製作まで、幅広く対応いたします!

VE事例多数あり!あらゆる溶接のお悩みを解決! ファイバーレーザー
溶接サービス

溶接でこんなお悩みはありませんか?

アルミやSUS、異種金属の溶接はできる?

アルミ、SUS、銅は溶接が難しい材質し、異種金属の溶接はもっと難しそう…

すぐにサンプル溶接をしてほしい!

できるかどうかの試験だけやってみたい!サンプル溶接を頼める会社はどこだろう…

大型筐体の溶接はコストが高そう…

大型筐体だと部品数が多くて時間もお金もかかりそう…とにかくコストが気になる!

そもそもこの溶接で設計していいのか…

本当にこの設計が最適なのだろうか…
溶接だけでなく設計段階から相談したい!

私たちにお任せください!

  • ステンレス・アルミ・銅などの高反射材や異種金属のサンプル溶接にも対応!
  • 3台の自動溶接ロボットとオリジナル冶具の内製によるコストダウン!
  • 術者が抱える板金・筐体に関する悩みを解決したVE技術提案事例も多数!

お気軽にお問合せ・ご相談下さい!

お電話・FAXはこちら

お電話 0270-23-2111
FAX 0270-23-113

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

まずは我々のファイバーレーザー溶接による加工実績の数々をご覧ください!

「ステンレス・鉄」の加工実績

複雑R形状の溶接

複雑R形状の溶接

R50の溶接

R50の溶接

丸ナットの溶接

丸ナットの溶接

厚板と薄板の隅肉溶接

厚板と薄板の隅肉溶接

「アルミ・銅・異種金属」の加工実績

銅角材のファイバーレーザー溶接

銅角材の
ファイバーレーザー溶接

アルミ材のR形状溶接

アルミ材のR形状溶接

異種金属の溶接

異種金属の溶接

お気軽にお問合せ・ご相談下さい!

お電話・FAXはこちら

お電話 0270-23-2111
FAX 0270-23-113

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

01

大型金属筐体の設計・製造の豊富な実績

岡部工業株式会社は、1931年の創業以来、数多くの精密板金加工品および筐体を製造してきました。筐体設計・製造における、高い技術力と豊富な実績を持ち合わせています。

大型金属筐体の設計・製造の豊富な実績

02

アルミ・ステンレス・銅の溶接
異種金属のサンプル溶接にも対応

当社には、ファイバーレーザー溶接の開発を専門にする課があります。アルミやステンレス、銅などの高反射材の溶接から、異種金属の溶接まで、サンプル溶接を通してお客様とともに開発をしていきます。

アルミ・ステンレス・銅の溶接 異種金属のサンプル溶接にも対応

03

薄板板金でも歪みレス溶接大型筐体でも高精度な生産

当社のファイバーレーザー溶接では、連続照射によって深い溶け込みを実現します。そのため、薄板の板金であっても、大型の板金筐体であっても、歪みレスな高精度溶接を実現いたします。

大型金属筐体の設計・製造の豊富な実績

04

6軸多関節溶接ロボットを3台所有
自動化による高い生産性を実現

岡部工業株式会社は、1931年の創業以来、数多くの精密板金加工品および筐体を製造してきました。筐体設計・製造における、高い技術力と豊富な実績を持ち合わせています。

6軸多関節溶接ロボットを3台所有 自動化による高い生産性を実現

05

冶具を内製することで低コストかつスピーディーな生産

岡部工業株式会社では、お客様のご注文に合わせてオリジナルの冶具を製作します。冶具を外注せずに内製することで、より低コストかつよりスピーディーな生産体制を整えています。

冶具を内製することで低コストかつスピーディーな生産

06

開発・設計から製造・組立まで
グローバルな一貫生産体制

技術的難易度の高い筐体製造に対応するため、当社では開発・設計から製造・組立までの一貫生産体制を築いています。また、中国でも同様の一貫体制を整えており、グローバルに高品質筐体を供給します。

開発・設計から製造・組立までグローバルな一貫生産体制

07

ISO9001を取得した、
国際規格に基づく高品質保証体制

岡部工業株式会社は、国際規格のISO9001だけでなく、ATMの安全性に関する米国規格UL291、欧州規格CEN1143などの認証規格を取得して、より信頼性と安心性の高い筐体製造を行っています。

ISO9001を取得した、国際規格に基づく高品質保証体制

ファイバーレーザー溶接 専用設備のご紹介

アマダ製 ファイバーレーザーロボット溶接機FLW-4000型 ×3

アマダ製 ファイバーレーザーロボット溶接機 FLW-4000型 ×3

当社のアマダ製のファイバーレーザーロボット溶接機は、6軸多関節を搭載しているため、複雑形状の部品であっても自動で高速溶接を行うことができます。また連続(CW)発信による連続照射が可能であるため、滑らかな溶接ビードを実現することができます。さらに、高出力ファイバーレーザーによる深い溶け込みによって、歪みレス当社は上記のファイバーレーザーロボット溶接機を3台保有しているため、大型金属筐体の量産が可能にする高い生産性を兼ね備えております。

当社は上記のファイバーレーザーロボット溶接機を3台保有しているため、大型金属筐体の量産が可能にする高い生産性を兼ね備えております。

岡部工業製 ファイバーレーザー溶接用オリジナル冶具

岡部工業製 ファイバーレーザー溶接用オリジナル冶具

当社では、ファイバーレーザーロボット溶接用の冶具をすべて自社で内製しています。通常は外注する冶具を社内で製作することで、外注費を大幅に低減させることができます。また、外注せずに社内で工程を終わらせることができるため、よりスピーディーな生産体制を実現します。

この当社オリジナル冶具は、お客様のご注文に合わせて、一からフルオーダーで製作しています。

ファイバーレーザー溶接 専用設備のご紹介

サンプル溶接から筐体へのVE提案まで対応

6軸多関節ロボットによる複雑形状の自動溶接

自社開発の冶具によるコストダウン

当社では、通常は溶接困難なアルミやステンレス、異種金属などのサンプル溶接から、筐体設計におけるVE提案まで行い、お客様に寄り添った設計開発を行っております。また、当社ではファイバーレーザー溶接を行う6軸多関節ロボットを3台保有し、さらにオリジナル冶具の内製まで行います。これにより、高い生産性を保ちつつもコストダウンを可能にする、岡部工業ならではのファイバーレーザー溶接が実現します。

レーザー溶接と材質の対応表

溶接方法 鋼鈑 SUS アルミ 真鍮 加工可能な板厚 (mm)
ファイバーレーザー溶接 ○ ○ ○ ○ ○ 0.5〜6.0
MAG溶接 × × × 0.5〜6.0
TIG溶接 × × 0.5〜6.0
スポット溶接 × × 0.5〜6.0

※表が見切れている場合は横にスクロールしてください

お気軽にお問合せ・ご相談下さい!

お電話・FAXはこちら

お電話 0270-23-2111
FAX 0270-23-113

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

STEP 01お問合せ

本ページの問合せフォームもしくは電話にてお問合せ下さい。

お客様のご希望・ご要望をお寄せください。お問合せの際は、図面などの詳細情報をご記入いただけますと、その後の対応がスムーズになります。

STEP 02お見積り

お客様のご要望に合わせてお見積りを提出。改善提案にも対応!

お問合せ内容に合わせて、弊社よりお見積りを提出いたします。また、内容通りに製作するだけでなく、いただいた図面に対するVE提案にも対応いたします。

STEP 03ご発注

最終的な仕様をご確認いただいた後、ご注文。

提出したお見積りをもとに、最終的な仕様をご確認いただきます。そして、お客様より発注書をご提出いただき、正式にご注文となります。

STEP 04製作

専門設備・経験豊富な技術者による製作・納品

ご発注頂きましたら、大型金属筐体の製作を行います。ファイバーレーザー溶接を用いた高品質かつスピーディーな筐体製造を行い、完成後にお客様のもとへ納品させていただきます。

ファイバーレーザー溶接ロボットで不向きな製品はありますか?
筐体設計・製造.COMが保有しているファイバーレーザー溶接機は溶接トーチが6軸多関節ロボットの先端に取付けられているため、さまざまな方向から溶接することができ、多種多様な形状の板金筐体に対応しています。
ファイバーレーザー溶接で対応可能なロット数はどれぐらいでしょうか?
筐体設計・製造.COMでは、過去に3機種のATM筐体(幅約600×奥行約800×高さ約1200)を1か月で各500台 最大で合計1500台/月以上、ファイバーレーザー溶接にて溶接組立した実績があります。ただし、筐体の大きさや構造によって生産可能なロット数は変化しますので、詳細についてはお気軽に筐体設計・製造.COMにご相談ください。
薄板の溶接を検討していますが、溶接時の歪みが心配です。御社で対応頂けますでしょうか?
はい。筐体設計・製造.COMではファイバーレザー溶接機によって、鋼鈑の板厚1.0mm同士のさまざまな形状の溶接の実績があります。1.0mm以下の薄い板厚につきましては、別途ご相談下さい。
R形状付きのステンレス製筐体の設計・製作の実績はありますか?
はい。筐体設計・製造.COMではステンレスに限らず、R形状をもつ筐体の設計、製造の実績があります。
TIG溶接からファイバーレーザー溶接に工法転換すると、コストダウンに繋がりますか?
はい。TIG溶接からファイバーレーザー溶接に工法転換すると、コストダウンに繋がります。
ファイバーレーザー溶接ロボットでは、どのような形状の製品に対応可能でしょうか?
ファイバーレーザー溶接ではいろいろな溶接継手に対応できるので、多種多様な形状に対応できます。
ファイバーレーザーで板金筐体を溶接組立するメリットはなんですか?
ファイバーレーザーで板金筐体を溶接組立するメリットは、歪みの除去工程が削減できる点と、複数の工程を一つにまとめることができる点です。
ファイバーレーザーでステンレスパイプの溶接はできますか?
はい。ファイバーレーザー溶接ではさまざまな金属材料の板金部品の溶接に対応しており、当社ではステンレスの溶接にも対応しています。次のページに対応している材質について記載していますので参考にして下さい。
ファイバーレーザー溶接と溶接棒で肉盛りビードはできますか?
はい。筐体設計・製造.COMが保有しているファイバーレーザー溶接機は溶接棒(フィラー)を供給する装置が搭載されています。フィラーを溶かし込みながらファイバーレーザー溶接することで、溶接肉を肉盛りすることができます。また、この時の溶接ビードの脚長は最大1mm程度になります。
アルミの筐体はファイバーレーザーで溶接できますか?
はい。アルミの筐体はファイバーレーザーで溶接できます。
ファイバーレーザー溶接で単品サンプルの溶接はできますか?
はい。当社ではお客様のご要望に応じて、さまざまな溶接に対応いたします。
ファイバーレーザー溶接のロボットとハンディタイプの違いはなんですか?
ファイバーレーザーのロボットとハンディタイプでは、溶接部分は基本的に同じです。しかし、溶接する場所である溶接トーチを保持・移動させる方法が異なっています。
ファイバーレーザー溶接における注意すべきポイントを教えてください。
ファイバーレーザー溶接で重要なポイントは、溶接される隙間の大きさを工場全体でしっかり管理することです。
なぜ銅などの高反射材の溶接にはファイバーレーザー溶接が適しているのですか?
ファイバーレーザー溶接では局所的に熱を集中させることができるため、銅などの高反射材の溶接をすることができます。
ファイバーレーザー溶接とYAG溶接はどのように使い分ければいいでしょうか?
現在、筐体設計・製造.COMではこのように使い分けています。
CW発振とパルス発振では、どちらがファイバーレーザー溶接に適していますか?
CW発振とパルス発振では、レーザー溶接の性質が異なるため、当社ではそれぞれに適した箇所の溶接に用いています。
ファイバーレーザー溶接で溶接可能な最大寸法を教えて下さい。
筐体設計・製造.COMの現在加工している形状の実績としては横×奥行×高さ=約1500×約1000×約600の直方体に入るサイズの板金筐体を加工しています。
なぜファイバーレーザー溶接を使用するとコストダウンできるのですか?
ファイバーレーザー溶接によってコストダウンができるのは、3工程(1.溶接後の後処理工程・2.溶接熱による歪の除去作業・3.溶接工程間における移動)を省略することができるためです。
ファイバーレーザー溶接で異種金属の溶接は可能ですか?
はい。ファイバーレーザー溶接では通常の溶接方法では加工が難しいと言われている異種金属同士での溶接が加工出来ます。
ファイバーレーザー溶接では、どれぐらい薄い板金の溶接が可能ですか?
現在、筐体設計・製造.comで加工しているファイバーレーザー溶接では、最も薄い板金で0.8mmまでの板金を溶接しています。
ファイバーレーザー溶接を用いると、溶接時の歪みは減少しますか?
はい。ファイバーレーザー溶接はレーザー光線を焦点を絞って当てることで、ワークをピンポイントに加熱します。このためアーク溶接に比べて入熱のエネルギー密度が高くするこができ、瞬間的にワークを溶融させることができます。溶融するする時間が短くなるので、溶接スピードを速くすることができ、ワークに加わる熱量を少なくすることが出来ます。
ファイバーレーザー溶接とアーク溶接の違いはなんですか?
まず始めにアーク溶接とは、ワークと溶接トーチ(電極)との間に高電圧をかけることで火花(アーク)を発生させ、その火花による熱によって溶接を行っています。
それに対してファイバーレーザー溶接とは光ファイバーを用いてレーザー発振を行い、そのレーザー光線を光ファイバーで伝送してワークにレーザー光を照射します。レーザー光が照射されたワークは局所的に加熱され、この熱で溶接を行います。
ファイバーレーザー溶接では、なぜ高い生産性を実現できるのですか?
ファイバーレーザー溶接では、レーザー光による溶接のため、入熱のエネルギー密度が高いため従来よりも溶接スピードが5~10倍速くすることが可能です。溶接時間が短くできるので生産性の向上につながります。
見積もり期間はどのくらいかかりますか?
筐体設計・製造.COMでは、お見積りに必要な期間はお見積りの内容によって異るため、一概にお答えすることができません。

お気軽にお問合せ・ご相談下さい!

お電話・FAXはこちら

お電話 0270-23-2111
FAX 0270-23-113

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

Copyright © 岡部工業株式会社 All Rights Reserved.