筐体設計・製造.COMでは、ステンレス部品をTIG溶接する際に、以下のような対応をしています。

①入熱を一定にコントロールしやすいTIG溶接を使い、電流パルスを切り替えながら使用する

②溶接の送りスピードを一定にする(遅すぎると入熱が大きく変形量が大きくなってしまい、一方で早すぎると溶接欠陥(強度不足、表面酸化)が発生しやすくなるため)

③溶接時に拘束治具を用いる(部材の熱変形拘束し、治具と溶接部品の接触面からの速やかな除熱をするため)

 

ステンレス部品は、タンクやシンクなど、液体を扱う水回り部分に使用されることが多いです。そのため、水漏れしない、または気密性のある溶接が求められることが多いです。

水漏れ防止、または気密性を確保する溶接のためには、溶接が連続溶接になることが多くなります。ステンレスは鉄などに比べて、線膨張係数が大きく熱伝導率が低いという物性から、溶接時の入熱により熱変形をおこしやすくなります。そのためステンレス溶接においては、必要最小限かつ一定の入熱で加工を終える工夫が必要になります。