YAGレーザー溶接とはYAGレーザーを用いたレーザー溶接です。

YAGはイットリウム・アルミニウム・ガーネットの略称です。

YAGレーザーはイットリウム・アルミニウム・ガーネットの化合物の固体を利用してレーザーを発生させるレーザー方式です。レーザー溶接するためにはレーザー発振機から溶接トーチまで、レーザーを導く必要があります。この伝送路には光ファイバーが用いられています。

レーザー溶接はレーザー光を1点に収束させて瞬間的に加熱するため、熱でワークへの入熱が少なくでき、ワークの熱による歪がほかの溶接方法に比べて小さくできます。また、1点に収束させるため深い溶け込みが得られると言う特徴があります。

なお、筐体設計・製作.comで扱う金属製の筐体板金の場合、YAGレーザー溶接はほぼ使われておりません。当社では同じく歪みの小さいレーザーである、ファイバーレーザー溶接を多く使っています。

 

>>製品事例はこちら

>>技術ハンドブックはこちら

>>お問合せはこちら