MAG溶接は、筐体の小部品同士の溶接や筐体本体の溶接など、ほぼすべての部位に使用される、半溶接の高い溶接方法であり、シールドアーク溶接の一種です。MAGとはMetal Active Gas Weldingの略です。

MAG溶接に使われているシールドガスとしては、不活性ガスと活性ガスである炭酸ガスを混合したガスが用いられます。また、シールドガスに炭酸ガスのみを使用する場合はCO2溶接になります。電極は消耗する溶接ワイヤーでローラーによって自動供給されます。溶接棒は自動で供給されますが、溶接トーチは作業者が手動で動かすため、半自動溶接とも呼ばれています。

アーク溶接は、ワークに熱を加えるためのアークを発生させる電極と、溶接部を外気から保護するシールドガス、溶融金属となる溶加材の3要素があります。それぞれの要素によって下表のように呼ばれています。

溶接の種類 電極 シールドガス 溶加材
MIG溶接 消耗する溶接ワイヤー 不活性ガス(アルゴンなど) 溶接ワイヤー(自動供給)
MAG溶接 消耗する溶接ワイヤー 混合ガス(不活性ガス+炭酸ガス) 溶接ワイヤー(自動供給)
CO2溶接 消耗する溶接ワイヤー 炭酸ガス 溶接ワイヤー(自動供給)
TIG溶接 消耗しないタングステン棒 不活性ガス(アルゴンなど) 溶接棒(手動)

MAG溶接の特徴としては、溶接棒が自動供給されるため作業性がよく、シールドガス中の炭酸ガスが化学反応するためにアークが細く集中するため、深い溶け込みが得られます。またCO2溶接と比較して、スパッタが少なくなる傾向があります。また、シールドガス中の炭酸ガスが化学反応するために、アルミニウムなどの非鉄金属の溶接はできません。主に非鉄金属はTIG溶接にて溶接しています。

なお、筐体設計・製造.comでは、上記の溶接にはすべて対応しており、実際の筐体板金においては上記以外にもファイバーレーザー溶接も行っております。

 

>>製品事例はこちら

>>技術ハンドブックはこちら

>>お問合せはこちら