MIG溶接とは、シールドアーク溶接の一種です。MIGとはMetal Inert Gas Weldingの略です。

MIG溶接に使われているシールドガスとしては、不活性ガスのアルゴンやヘリウムなどが用いられます。また、活性ガスが用いられる場合はMAG溶接になります。電極は消耗する溶接ワイヤーでローラーによって自動供給されます。溶接棒は自動で供給されますが、溶接トーチは作業者が手動で動かすため、半自動溶接とも呼ばれています。

アーク溶接は、ワークに熱を加えるためのアークを発生させる電極と、溶接部を外気から保護するシールドガス、溶融金属となる溶加材の3要素があります。それぞれの要素によって下表のように呼ばれています。

溶接の種類 電極 シールドガス 溶加材
MIG溶接 消耗する溶接ワイヤー 不活性ガス(アルゴンなど) 溶接ワイヤー(自動供給)
MAG溶接 消耗する溶接ワイヤー 混合ガス(不活性ガス+炭酸ガス) 溶接ワイヤー(自動供給)
CO2溶接 消耗する溶接ワイヤー 炭酸ガス 溶接ワイヤー(自動供給)
TIG溶接 消耗しないタングステン棒 不活性ガス(アルゴンなど) 溶接棒(手動)

MIG溶接の特徴としては、溶接棒が自動供給されるため作業性がよく、深い溶け込みが得られます。ただしTIG溶接と比較すると、スパッタが多くなる傾向があります。

 

なお、筐体設計・製造.comでは、上記の溶接にはすべて対応しており、実際の筐体板金において、MIG溶接は小部品の溶接や筐体本体の溶接など、ほぼすべての部位に使用される溶接で、汎用性が高いものです。

さらに当社では、歪みが小さい高精度溶接が可能となるファイバーレーザー溶接ロボット機を3台保有しています。

板金や筐体の溶接でお困りの方は、お気軽に当社までご連絡ください。

 

大型製缶板金に関する用語集を見る >>

コストダウン提案事例を見る >>

製品事例を見る >>

【無料】技術ハンドブックはこちら >>