ボトミングとはV曲げ加工の中でも最も採用されている加工方法です。

筐体の部品をプレスブレーキでV曲げ加工する際は、上型はほぼ直角の凸形状に作られたパンチと呼ばれる金型を、下型には約90度のV形状溝がある金型を使用します。鋼板を上下の金型の間に挟んで圧力を加えていくと、鋼板が曲げられていきます。この圧力負荷によるV曲げ加工時の鋼板の変形状態に応じて、パーシャルベンディング、ボトミング、コイニングとV曲げの呼び名が変化します。

ボトミングによるV曲げは、鋼板が下型のV溝に沿って曲げ加工された状態です。パーシャルベンディングよりも高精度な直角曲げに、またコイニングよりも小さな加工圧力で加工することができるため、V曲げ加工の中でも最も使用されている加工方法です。

 

>>ボトミングに関する基礎知識はこちら

>>技術ハンドブックはこちら

>>お問合せはこちら