ヘアライン加工とは、旋盤によって単一方向に髪の毛レベルの細い線の傷をつける加工方法のことを指します。板金をはじめとした金属の表面処理加工方法として使用され、つや消しや質感の協調、装飾性の向上のために用いられます。

特に、意匠性の求められるアルミやステンレスなどの板金加工品にヘアライン加工は用いられることがあり、仕上げ加工として適用されます。

 

>>製品事例はこちら

>>技術ハンドブックはこちら

>>お問合せはこちら