筐体設計・製造.COMが保有しているファイバーレーザー溶接機は溶接トーチが6軸多関節ロボットの先端に取付けられているため、さまざまな方向から溶接することができ、多種多様な形状の板金筐体に対応しています。

ただし、当社のファイバーレーザー溶接ロボットでは対応できない形状も存在します。例えば、ナットのR面取りがしてある面と板金部分とを溶接する場合、ナットと板金の間(溶接継手部分)に隙間があるため、ファイバーレーザー溶接での加工は困難となります。これは、ファイバーレーザー溶接では、母材同士を溶融させる結合方法のため、溶接継手部分に隙間があると母材を溶かすことができず、溶接自体が困難になります。

また、箱型形状の内側等の奥まった位置を溶接するのは得意ではありません。これは、多関節ロボットの関節やヘッドが製品に干渉してしまうためです。

しかし、ファイバーレーザー溶接機では様々な継手に対応する事が出来ます。そのため、製品の形状や継手方法を、ファイバーレーザー溶接機の苦手な形状から、ファイバーレーザー溶接に適した形状に変更することで、複雑な形状でも加工できるようになった事例がございます。詳細は下記のリンクをご参照ください。

https://www.large-scale-plating.com/technicalnews/vol25/