現在、筐体設計・製造.COMではこのように使い分けています。

YAG溶接はハンディパイプの溶接機を使用しています。CW発振ができない設備でハンディタイプのために、長距離のビードを加工するのが困難なので、主にメカ部品や医療関係部品などの、小物、少ロット部品の溶接に使用しています。これらの部品はTIG溶接で加工すると溶接熱による変形があるため、YAG溶接のパルス発振の利点が生かせます。また、ファイバーレーザー溶接に比べてレーザー出力が小さいので薄板板金の溶接に適しています。

また当社では、ファイバーレーザー溶接はロボットによって自動化された設備になっています。YAG溶接に比べて出力が大きいので厚板板金部品の溶接を行うことが出来ます。また、出力が大きいので溶接速度を早くすることが出来ます。この特徴とロボットによる自動化を組み合わせることで高い生産性を実現しています。