Before

大型板金部品の製造において、曲げ加工を行う部分付近にタップ穴がある場合、塑性変形の影響で穴の形状が変形してしまいます。穴の変形を補正する場合、機械加工によって膨らみを補正する必要があり、ムダな工程が追加されてしまいます。これにより、作業コストや作業時間が増加してしまいます。特に、量産品であれば補修の作業をすべての製缶板金品に行うことになり、大きなロスとなってしまいます。

V

After

大型板金部品の製造において、膨らみによる曲げ線近くのタップ穴の形状変化を防止する方法として、逃げ穴を設ける方法があります。逃げ穴やスリットを設けておくことで、部品の曲げ箇所で発生する塑性変形の影響をなくすことが可能になり、曲げ線付近の穴やタップが変形してしまうこともありません。これにより、曲げ加工後の機械加工も不要になり、生産リードタイムの短縮およびコストダウンを実現することができます。

POINT

曲げ加工を施す部分付近に穴加工やタップがある場合、この膨らみによって穴の形状が変形してしまい、これを補正するための切削工程が必要となります。そこで逃げ穴やスリットを最初から設けておくことで、部品の曲げ箇所で発生する形状変化の影響をなくし、不要な補修作業の発生を防ぐことができます。