Before

大型製缶板金製品を製作する際、穴あけ加工など部分的に強度が必要といった理由から、薄板を複数枚重ねることで板厚を嵩増しする積層加工を行う場合があります。積層加工は、薄板と薄板を溶接にて接合し、一体化させる必要があります。溶接加工によって接着させるための工程が追加されることで、作業時間や作業コストが増加するだけでなく、薄板が熱による歪みを起こし歪み取りが発生してしまう可能性もあります。

V

After

大型製缶板金製品を製造する際、薄板を複数枚重ねて積層加工を施すのではなく、重ねた状態の厚さに近い板厚のものを材料として使用することで、溶接加工を行う必要がなくなります。そのため溶接のために要する工数を削減することができます。複数の薄板から一枚の板に変更することで、工数が削減をされ、生産リードタイムの短縮やコストダウンを実現することができます。また、溶接レスであるので熱による歪みの発生を避けることができます。

POINT

大型製缶板金製品において、構造や強度・荷重の問題上、複数の薄板を重ね合わせて加工する場合があります。積層加工を行わず、重ね合わせたものに近い板厚の材料を使用することで、接合させるための溶接工程を削減することができます。大型製缶板金加工品のコストダウンには材料だけではなく、加工工数の圧縮も設計段階から検討が必要です。