Before

製缶板金品で、板取りをしていくときに製品の配置の仕方によっては製品同士の間にスペースが余ってしまい、歩留まりが悪化してしまいます。板材一枚当たりからとれる部品が少ないことで、余分に材料を発注する必要があるために必要以上に材料費がかかってしまいます。特に、大型製缶板金品の場合、部品一つ一つが大きくなるので、板取りが悪くなると材料費が大きくかさんでしまいます。

V

After

余分なスペースを残さないように製品を配置(ネスティング)することで、板取りが改善されて一枚の板材から取れる部品の量が増えるため、歩留まりが向上し、材料コストを削減することができます。また、レーザー加工にて加工を行う場合には加工時のレーザーの導線が短縮し、作業コストも低減されます。特に大型製缶板金品は材料費が大きく製品コストに影響するので、ネスティングはコストダウン手段としては有効な方法です。

POINT

大型製缶板金品は当然ながら、小型の製缶板金品に比べて材料を多く使用します。板取りを上手く行うことで、1枚の板から多くの部品を製作できるだけでなく、溶接を行わずに大きなサイズの部品を製作することも可能になります。特に薄板を取り扱う場合には、溶接レスにすることで、歪みをなくし、高精度な製缶板金品を製作することが重要です。