Before

薄板溶接による組み付け構造の場合には、溶接跡の除去作業や歪み取りなどの仕上工程が必要になります。そのため、作業工程が増え、コストアップの要因となる場合があります。また、大型板金製品や大型製缶品に使用する板厚や材質、形状によっては溶接が困難な場合があり、無理に溶接を行うと過剰に歪みが発生してしまい、仕上げ加工に多大な時間を要することもあります。

V

After

組み付けについて溶接構造からリベットカシメによって締結する方法に変更することで、溶接作業を省略することが可能になります。これにより溶接作業によって生じる歪みもなくなり、仕上工程を削減することが可能になります。また、リベットを使用した組み立て作業の方が溶接作業よりも容易なため、組み立て時間が短くなります。これらにより、リードタイムの短縮とコスト削減を実現することができます。

POINT

締結が必要となる板金加工製品の設計では、気密性、強度、見た目、作業性およびコストなどをトータルで判断し、最適な締結方法を決定する必要があります。仮に溶接からリベットに変更することで強度の低下が懸念させる場合、強度が必要な箇所のみ溶接を施し、他をリベット締結とすることで、コストを最小限に抑え、強度を上げることも可能です。