Before

大型板金製品や大型板金部品に対して曲げ加工を行った際、部品の曲げ線端面に曲げたことによる余肉が発生してしまう場合があります。特に厚板加工の場合、曲げによって発生する膨らみが出やすい傾向があります。余肉が発生した場合、機械加工によって余肉部分を削り取る仕上げ工程が発生し、仕上げコストがかかってしまいます。これによって生産リードタイムが延長し、コストの増加につながってしまいます。

V

After

大型板金製品や大型板金部品の曲げ加工によって発生してしまう余肉を防止するために、余肉の発生する部分にあらかじめ切り込みを設けることがあげられます。切り込みを入れておくことで切込み部分が余肉を相殺し、曲げ加工後の余肉の発生を防止することが可能です。これによって仕上げ工程を削減することができ、生産リードタイムの短縮とコストダウンが実現できます。

POINT

曲げ加工を行った際、部品の曲げ線端面に曲げたことによる余肉が発生してしまうと、余肉部分をグラインダーなどで削るための工程が必要となります。そこで余肉の発生する部分にあらかじめ切り込みを設けておくことで余肉の発生を防ぎ、きれいな曲げ加工を行うことができます。