Before

大型板金製品や大型製缶品に対してスポット溶接を行う際に、汎用スポット溶接機を使用する場合があります。しかし、汎用スポット機にて溶接を行うと、溶接を施した部分に圧痕が発生してしまいます。圧痕が残っていると見た目が悪くなってしまうので、仕上げ加工を行い圧痕を見えなくする必要があります。しかし、圧痕を無くすための仕上げ加工のコストが必要となるので、コストアップの要因となってしまいます。

V

After

大型板金製品や大型製缶品に対して溶接を行う場合、汎用スポット溶接機ではなく、テーブルスポット機を使用することで圧痕の発生を防ぐことができます。圧痕の発生を防止することで仕上げ工程を削除することができ、仕上げコストを削減することが可能です。しかし、テーブルスポットにて溶接するには、ワークをテーブルに平行に乗るように製品設計を行う必要があります。

POINT

汎用スポット溶接機ではなく、テーブルスポット溶接機を使用すれば圧痕がなく、きれいにスポット溶接をおこなうことができますが、テーブル溶接を使用できるかどうかはワークの形状に左右されます。設計段階にて加工方法まで加味することで、加工方法も幅が広がりコストダウン対応が可能となります。