Before

スポット溶接機を用いて薄板の製缶溶接を行う際、図面上では溶接位置の指定がピッチと個数のみになってしまっている場合があります。ピッチと個数のみの場合だと打点位置が統一されないため、溶接の位置に偏りが生じてしまいます。この時、溶接の強度も場所によってばらつきが生じてしまい、全体の溶接の強度が下がってしまうため、大型製缶板金製品の溶接品質の低下を招いてしまいます。

V

After

大型板金製板金品の全体の溶接の強度を高めるためにも、スポット溶接機による薄板溶接の位置を統一する必要があります。図面上のピッチと個数の指定に加え、大型板金製品の打点位置にポンチを打っておくことで、溶接の位置を均等に設定することが可能です。これによって、溶接の位置にばらつきがなくなり、全体の溶接の強度が増し、大型板金製品の溶接品質が向上します。

POINT

溶接の位置の指定が図面上ピッチと個数のみの場合、打点位置が統一されないため、ある部分の溶接強度は高く、ある部分は低いといった偏りが生じてしまいます。そこで打点位置にポンチを打っておくことで、打点位置を統一することができ、部分ごとでの溶接強度のばらつきをなくすことができます。また、位置が明確になることで、誰でも容易に作業できるようになり、作業時間ロスの削減にもつながります。