Before

板金製品の小物部品を一枚の板材から多数製造する場合、NCT加工によって多数個取りを行う場合があります。NCT加工によって多数個取りを行う際は、NCTにてブランク加工を行ったあと、小物部品を一つ一つ曲げていかなければなりません。そのため、材料の歩留りはとてもいいのですが、曲げ加工に多くの作業時間がかかってしまい、作業コストを増加させてしまいます。

V

After

薄板や厚板から板金製品の小物部品を製造する場合、NCT加工を施さずに、レーザー加工にて小物部品をくし型に並べて加工することで、一回の曲げ加工とシャーリングでの切り落としで大量に部品の製造が可能となります。曲げ工程が一回となることで、NCT加工で曲げ工程にかかっていた工数を削減することができます。これによって生産リードタイムが短縮され、コストダウンを実現できます。

POINT

小物部品をくし型に並べて加工することで、一回の曲げ加工とシャーリングでの切り落としのみで製造が可能となり、曲げ工程にかかっていた工数を削減することができます。この方法にはレーザー加工が必要となるので、レーザー加工を行ってもきれいな破断面となるよう、板厚や材料を検討する必要があります。