パーシャルベンディングも、ボトミングやコイニングと同様、V曲げ加工の一種で、90°に満たない曲げ加工を行い際に用いられる加工方法のひとつです。

プレスブレーキでV曲げ加工する際は、上型は約90度の凸形状のパンチと呼ばれる金型を使用し、下型にはV形状の溝がある金型を使用します。鋼板を上下の金型の間に挟み、圧力を加えていくとそれに応じて鋼板が曲げられていきます。このV曲げ加工時の鋼板の変形状態のに応じてV曲げの特徴が異なっており、パーシャルベンディング、ボトミング、コイニングと呼ばれています。

パーシャルベンディングのときの鋼板は以下の写真の左側の様になっています。

((株)アマダ 様の資料から引用)

図を見て頂くと分かるように、パーシャルベンディングによるV曲げは、写真のように鋼板は上型の先端と下型のV溝の両端の3点のみで接触している状態です。従って、スプリングバックなどの影響もあり曲げ角度の精度は良くありませんが、曲げ圧力を調節することで自由な角度の曲げ加工を行なうことが出来るのが特徴です。

 

>>VA/VEに関する技術提案事例はこちら

>>製品事例はこちら

>>【無料】技術ハンドブックはこちら

>>お問合せはこちら