コイニングとはV曲げ加工の一種であり、筐体板金の製造において、特に曲げ角度の精度を出したいときに採用される加工方法です。

プレスブレーキでV曲げ加工する際、上型は約90度のパンチ、下型にはV溝がある金型を使用し曲げ加工を行いますが、一般的には別ページで説明したようなボトミングを行いますが、曲げ角度の精度が厳しい製品も中には存在し、その場合はボトミングでは精度を出すことは難しくなります。そこで用いられるのがコイニングです。

コイニングのときの鋼板は以下の右側の写真の様になっています。

((株)アマダ 様の資料から引用)

コイニングによるV曲げは、写真のように上下の金型に密着させるまで加圧した状態です。上下の金型に密着させる為に、精度の良い曲げ角度を得る事ができますが、ボトミング時の5~8倍の曲げ圧力が必要になります。

筐体設計・製造.comでは、このコイニングはメカ関係で精度や公差が厳しい部品に採用されます。

 

>>VA/VEに関する技術提案事例はこちら

>>製品事例はこちら

>>【無料】技術ハンドブックはこちら

>>お問合せはこちら