大型製缶板金加工で使用される板材で、標準的に市場に流通しているものを定尺板と呼びます。大型製缶板金の設計には、定尺板から歩留り良く板取りができるような設計を行うことで材料コストを大幅に下げることが可能となります。特に大型の製缶板金品は板取りがコストに大きく反映されるので、定尺サイズを加味した設計が重要です。

3’x 6’(サイズ:914mm x 1,829mm):サブロク
SPCC(冷間圧延鋼板)、SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)、SGCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)などの鉄鋼板に適用されている定尺サイズで、市場に最も多く流通している定尺サイズです。

1’x 2’(サイズ:1,000mm x 2,000mm):メーター板
SPCC(冷間圧延鋼板)、SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)、SGCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)などの鉄鋼板と、ステンレス鋼板、アルミ板、銅板、真鍮板に適用される定尺サイズです。

4’x 8’(サイズ:1,219mm x 2,438mm):シハチ
SPCC(冷間圧延鋼板)、SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)、SGCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)などの鉄鋼板だけでなく、ステンレス鋼板、アルミ板、銅板、真鍮板にもある定尺サイズです。サブロクの定尺板(3’x 6’)やメーター板(1’x 2’)では対応出来ない、大型の製缶板金加工品に用いられる定尺サイズです。

5’x 10’(サイズ:1,524mm x 3,048mm):ゴトウ(ゴットウ)
ステンレス鋼板のみの存在する定尺のサイズで、最も大きな定尺です。大型の製缶板金品に使用されることが多いですが、5’ x 10’の加工を行える加工機械は多くはありません。

3’x 8’(サイズ:914mm x 2,438mm):サンパチ
5’x 8’(サイズ:1,524mm x 2,438mm):ゴハチ
という定尺サイズはSPCC(冷間圧延鋼板)、SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)、SGCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)などの鉄鋼板には存在していますが、市場流通性が非常に低い定尺サイズです。

 

>>製品事例はこちら

>>技術ハンドブックはこちら

>>お問合せはこちら