スポット溶接は抵抗溶接の一種です。水冷された電極で重ねた2枚の板をはさみ、加圧しながら短時間で大きな電圧をかけることで、板間で発生する抵抗熱がその接点周辺の板を溶融させ、2枚の板を一点で溶接します。

スポット溶接のメリットとしては、溶接した1点にのみ熱が加わるため、ほかの溶接方法と比較すると熱によるワークの歪みが小さいことがあげられます。一方、スポット溶接のデメリットとしては、1点のみでしか2枚の板は溶接されていないため、気密性を得ることはできません。また、薄板にはスポット溶接が効果的ですが、板厚が厚くなると熱が伝わり切らないために溶接ができません。

 

>>製品事例はこちら

>>技術ハンドブックはこちら

>>お問合せはこちら