ファイバーレーザーロボット溶接 | 特徴

 ファイバーレーザーロボット溶接の最大の特徴は、薄板の溶接を高品位かつ、高速で行えるという点です。溶け込みが深いために、薄板の溶接であっても歪みが少なく、高精度に溶接加工を行うことが可能です。薄板の突きあわせ溶接であっても、高出力ファイバーレーザーによってきれいに溶接ができるので、水漏れを嫌う防水筐体やカバーなどに適しています。
 筐体設計・製造.COMを運営する岡部工業ではファイバーレーザーロボット溶接を3台保有しており、高い生産性の下、薄板の大型製缶板金品の溶接を行うことができます。

特徴①

溶け込みが深く、薄板溶接に最適

特徴②

TIG溶接、YAG溶接に比べて2~10倍のスピードで溶接可能

特徴③

6軸多関節ロボットによる高速な自動溶接で高い生産性を実現

薄板溶接に最適なファイバーレーザー溶接 滑らかな連続溶接による高品位な溶接仕上げ

ファイバーレーザーロボット溶接 | 特徴②

 6軸多関節ロボットを搭載したファイバーレーザーロボット溶接は、複雑形状部品であっても自動で溶接を行うことができます。鉄やステンレスだけでなく、高反射材であるアルミや銅の溶接も可能です。ファイバーレーザー溶接であれば、TIG溶接やYAG溶接に比べて2~10倍の溶接スピードにて溶接を行うことが可能となります。また、連続(CW)発信による連続照射が可能であるので、滑らかな溶接ビードを実現することができます。

6軸多関節ロボットによる高速溶接 3台のファイバーレーザーロボット溶接を保有